公務員試験の種類は - 公務員について

公務員について > 公務員試験の種類は
労働事情

公務員試験の種類は

公務員になるためには、試験を受ける必要があります。
それには年齢制限や学歴制限もあります。

種類としては、国家公務員Ⅰ種、Ⅱ種、警察官、消防士、技術系公務員、外務専門職、教員採用試験、保育士採用試験、地方初級及び国家Ⅲ種、裁判所事務次官、自衛官試験、日本郵政公社職員(総合職、一般職)国税専門官、労働基準監督官、衆議院事務局職員、参議院事務職員、海上保安大学校学生、海上保安学校学生、航空保安大学校学生、衆議院速記者参議院速記者、入国警備官、皇室護衛官、防衛庁職員Ⅰ~Ⅲ種といった多くの公務員の採用種類があります。
その代表とされるのが、最初に記述した国家公務員Ⅰ種です。

国家公務員Ⅰ種になるためには試験を受けてなるのですが、合格した場合は、幹部候補生として中央省庁で通常は働くことになり、一般に「キャリア」と呼ばれ、他の公務員とは一線を画すことになっているようです。
その他の職員はノンキャリアと呼ばれています。
キャリアは法制担当などの責任が大きい職務に就くことが、多いともされています。

おすすめリンク 国家公務員試験採用情報ナビ - 人事院

check

最終更新日:2017/4/11

top